Ojama column

LOSTFILM マツオカ presents
web column
『OJAMA column2回目』

鈴岡賢志(キャンドル作家 / その灯ぐらし 店長)

キャンドルは人をつなげるアート

キャンドル作りに出会い、わずか2年でショップ店長に!
人とつながり、繋げていく鈴岡賢志の
「今まで」と「これから」にクローズアップ。

キャンドル制作との出会い

==そんな中で今度はキャンドルに出会う訳だ。

鈴岡:そうだね。それが2011年の夏頃。

==えぇ…、最近じゃないスか(笑)。

鈴岡:うん(笑)。そうなんだよねぇー。実は。まぁ、実際に自分で作り始める以前からキャンドル自体には何となく興味があって。雑貨店とかでいくつも買い込んで自宅で楽しんでた。ティーキャンドルとか。でもそれまでハンドメイドのキャンドルってのは特に意識してなかった。キャンドル・ジュン(viii)の存在もまだ知らなかった(笑)。でも、炎の揺らぎとか、すごく好きで。

==なるほど。

鈴岡:で、2011年に尾張旭(ix)のキャンドルナイトで加藤進太郎(x)さんと知り合った。現在は岐阜に移ってお仕事してらっしゃる方。当時、進太郎さんがいた大須「キナリ(xi)」でワークショップに参加して。だんだん作り方を覚えて。そうこうしてたら友人のウェディングパーティーを仲間と手作りで盛り上げよう!ってことになった。ぼくは80kgくらいのロウを買い込んで。

==80kg??

鈴岡:うん。せっかくだから沢山作ってドーンって演出したくなっちゃって。60本くらいキャンドル作った。とにかくハマってたから、道具も材料も揃えて、夢中で。作ってたら色々イマジネーションが膨らんできて。

==俺に電話くれたもんね。

鈴岡:作ったキャンドルを置ける所を探して。とにかくドンドン誰かに話してみようと思って。

==peacenik(xii)でイベント(xiii)したね。2011年の秋か。

鈴岡:あれが、プライベートなパーティーを除いて、初めてキャンドル演出した時だったんだよね。

==普通なら、友達のウェディングパーティーでキャンドル出して、そこで決着しちゃうと思うんだけど、そうじゃなかった。やってるうちにドンドン盛り上がってきた訳だ。

鈴岡:出来上がったキャンドルを、色々活かしたいなって思って。最初は本当、趣味で。徐々にどっか出店したりし始めて。そして色んな作家さんと知り合っていく中で、自分ももっと挑戦したくなってきた。世界観が変わってきて。ネットワークも大事なんだなって感じていった。

人と人をつなげるアート

==いろんな場所でワークショップやイベント出店してるね。カフェ、ヨガ教室、神社、野外フェスとか。the Sing2YOU(xiv)主催「Music shower2013(xv)」キャンドル演出。被災した岩手でのボランティアに参加したり。

鈴岡:そうだね。あんまり職種・ジャンルとか拘らず、壁を作らず、いろんな人と繋がりたいなと思ってる。よっぽどの内容や条件だと断る場合もあるけど。でも根本的に自分の性格があって、それは「つなげる」ってこと。前の仕事の時も、自分が音楽作ってた時も「何かと何かを結びつける」ってことが面白いと思ってた。妙に神経質に考えて「コレしかやりません」てなると「本当は面白くなるハズだった組み合わせ」とか、見落としちゃいそうだから。そのモノとかヒトの背景にどんなものがあるか、やってみないとわかんないから。可能な限りつなげていきたい。

==最近も、羊毛とか、針金の作家さんとコラボしてモノ作ったりもしてるね。販売も、relier(xvi)のアミちゃんの雑貨とか、自分のキャンドル以外も取扱いしてるし。「つながる」が鈴岡賢志のテーマだね。

鈴岡:そうだね。自分は一番手でなくてよくて。二番手くらいで。いろんなモノやヒトを絡めてより魅力的にしていくというか。音楽でいったら、ライブで演奏するミュージシャンじゃなくて、そのミュージシャンの音を調整するPAさんみたいな。そういうポジションが得意。っていうか好き。冒頭の話とも共通するけど。

  • viii. Candle JUNE(キャンドル・ジュン)。キャンドルアーティスト。1974年生まれ。長野県松本市出身。広末涼子の夫。
  • ix. 愛知県尾張旭市。出身有名人に青木さやか(タレント / ワタナベエンターテインメント所属)など。
  • x. キャンドル作家。
    公式web http://yula.co.jp/
  • xi. 名古屋市中区大須2丁目のキャンドルショップ。
  • xii. café peacenik。名古屋市千種区。フード・ドリンクともに充実。展示・音楽イベントなどもアリ。(過去に樽木栄一郎 / Toshizo Shiraishi with Siiya Brownなど出演)、2012年「森、道、市場」に出店。美大卒イケメンオーナーは興が乗ると「戦場カメラマン」「小室哲哉」「BEEF EATERの人」等モノマネを繰り出すことがアルとかナイとか。公式web http://cafe-peacenik.jp/
  • xiii. 2011年10月8日。出演:little screaming cats /キリンガー /マツオカナオヤ。
  • xiv. かとうさとし・浦林くるみによるバンド。2003年結成。LIP Recordsを設立。自らの音楽をDIYに発信。名古屋を拠点に全国津々浦々・年間100本以上のライブ活動で、多くのフォロワーを生む。ロストフィルムのギタリスト落合悠もサポートメンバーを務めていた。2013年9月より活動休止中。
  • xv. the Sing2YOU主催の野外音楽フェス。長野県木曽郡大桑村にて2008年より6年連続で開催。
  • xvi. ルリエ。名古屋市中区・鶴舞にある雑貨店。編み物、染め物、ステンドグラス、ウクレレ教室などもアリ。公式blog http://relier11.jugem.jp/

Profile

鈴岡賢志
鈴岡賢志 (すずおかけんじ)

キャンドル作家。「その灯ぐらし」店長。
1984年5月19日 千葉県鴨川市 生まれ。

名古屋ビジュアルアーツ卒業後、様々な職業を経験し、2013年7月よりキャンドルショップ「その灯ぐらし」店長を務める。キャンドル制作、販売、レンタル、ワークショップ、空間演出といった通常業務は勿論、「人とのつながり」をテーマに出張ワークショップ、音楽イベントにも精力的に参加。東急ハンズ名古屋ANNEX店9Fで2013年12月より期間限定販売。東京・秋葉原の自販機でもキャンドル販売中!2014年・名古屋キャンドル界のブライテスト・ホープ。

Shop

キャンドルショップ「その灯ぐらし」
ショップ住所:愛知県名古屋市中区新栄1-6-25
営業時間:15:00 – 23:00
定休日:火曜日
Tel:052-238-1055
  • mail
  • web
  • blog
  • twitter
  • facebook

Event

  • 2014/2/7(金)
    名古屋 栄spazio rita
    「青谷明日香ワンマンライブ」
    出演:青谷明日香
  • 2014/2/23(日)
    名古屋 今池TOKUZO
    「めっちゃええかんじ9回目」
    出演:HARCO / 原田茶飯事 / ロストフィルム